詩歌の森日記

短歌入門講座 第3回

2019年9月26日 16時33分
ラベル : 講座

朝晩の風に秋の涼しさを感じるように

なってきました。。

短歌入門講座の第三回9/21(土)

開催されました。

 

最終回は「歌会」を中心に学びます。

盛岡三高文芸部の皆さんにも

参加いただき、受講者は総勢16名となりました。

4班に分かれて、まずは簡単に自己紹介をします・・・

DSC_0446.JPG

世代を超えて交流し合えるのも詩歌の良いところですね。

予め受講生の方に提出いただいた歌が

名前を伏せてプリントに載っています。

お題は

「自分の気持ちを、風景やモノに表してもらおう」

「自分らしくない歌を作ってみよう」

でした。

 

DSC_0462.JPG

DSC_0489.JPG

DSC_0487.JPG

「自分らしくない歌を作ってみて、いかがですか。

創作は自由なもの。性別・年齢・種族を超えて

歌ってみるのも面白い。」と先生。

 

続いて「変わり歌合わせ」をしました!

どんな歌合わせかというと・・・

DSC_0502.JPG

封筒の中にお題が入っているので、

班ごとに、題を入れた歌を作り、清書して、見合います。

その後、全体で発表と歌合わせをします。

封筒には「北」「上」「夜」「曲」の文字が

入っていました。

DSC_0506.JPG

今を切り取って読む時事詠も(*´з`)

DSC_0510.JPG

高校生の読みの深さと語彙力に大人たちもビックリ( ゚Д゚)

最後に鑑賞の姿勢として

「歌には必ず良いところがある。

良いところを見つけていくことが

大切ではないのでしょうか。」とアドバイスを

いただきました。

 

梶原さい子先生、工夫の詰まった

楽しい講座を

有難うございました。

受講生の皆様、素敵な歌を沢山詠んでいただき

有難うございました。

 

詩歌文学館では各種詩歌の講座を

開催しております(^^)/

是非、参加お待ちしております♪♪

 

Bakky

 

 

 

 

 

 

俳句入門講座

2019年9月25日 13時57分
ラベル : 講座

俳句入門講座閉講しました

 

俳句入門講座は8月24日(土)にスタートし、全4回行いました。

講師は『樹氷』主宰で岩手県俳人協会会長、

NHK文化センターの講師などもされている

白濱一羊(しらはまいちよう)先生です。

 

DSCN3923.JPG

 

句会形式中心の講座ですが

プロジェクターを使った講義や、文法についてのお話を交えながら

俳句を教えていただきました。

 

DSCN3919.JPG

DSCN4013.JPG

 

「口語」「文語」どちらでつくるかによって、

鑑賞する際に意味合いが違ってくることなど

奥の深いお話も・・・

 

 

 

 

最終回の9月21日(土)は講義後

詩歌の森公園を吟行し、句会を行いました。

 

吟行とは

  その場所詠む ✖

  その場所詠む 


「その場所を紹介するのではなく

自分自身の発見・感情を句にしてください」

と先生からのアドバイス。

 

 

「その場所で発見や感情を詠む」ために

みなさん真剣に向き合います。

DSCN4030.JPG

DSCN4036.JPG

DSCN4052.JPG

先生も・・・

 

 

 

句会終了後、講座でつくった作品を揮毫していただきました。

DSCN4066.JPG

 

 

作品は10月末まで館内に展示予定です!

ぜひご覧ください。

 

 

一羊先生、受講者のみなさま

お疲れさまでした。

 

 

sat

 

中学生職場体験

2019年9月20日 13時53分
ラベル : 日常

文学館には、毎年中学生が職場体験に来てくれます。

先日も、北上中学校から4名の男子生徒が参加。

 

まずは、資料整理を体験。

大量に送られてきた本を整理仕訳。

汚れているときは掃除も。

DSCN3968.JPG

 

 

こちらのチームは図書を検索。

ちゃんと登録されているか確認して、記号番号を記録。

DSCN3966.JPGDSCN3967.JPG

 

 

そしてこんなことも。

DSCN3959 (2).JPG

展示室のスポットライトを交換。

「ちゃんと入ってる??」

DSCN3962.JPG

光の当たり方をチェック✨

「右?」「左??」

学芸員にきれいに見える位置を教えてもらいながら、調整できました(^-^)

 

文学館には、普段表からは見えない仕事、作業がたくさんあるので、

実際に経験してみて驚いたそう。

みんな、一生懸命取り組んでくれました。

 

これからも、いろんなことに興味を持って、

将来に役立ててください!!

 

T2

 

 

短歌入門講座 第2回

2019年9月15日 16時25分
ラベル : 講座

9/7(土)短歌入門講座の

第二回が開催されました。

前回は実作を中心に学びましたが、

今回は読む(鑑賞する)ことをテーマに

学びました。

 

まずは、受講生の方に予め提出いただいた

短歌二首を持ち寄って

歌会をしました(*^-^*)

DSC_0444.JPG

名前を伏せて転記した紙を張りました。

 

①題詠「野」

歌を読んで、お一人ずつ感じたことを

発表してみました。

DSC_0445.JPG

感想を言ってみるって難しい、とみなさん。

詠んだ方の気持ちにも配慮し、

慎重に言葉を選んでおられました。

 

②自由詠

次は、「良かったところ」

「もっとこうしたほうがいいのでは」を

付箋で貼ってもらいました。

DSC_0449.JPG

DSC_0453.JPG

歌の感じ方は十人十色!(^^)!

「こうしたらよいのでは」という意見も

「発見がありました~」と前向きに捉えていただきました。

 

山やペットの名前が詠まれた歌では

固有名詞(地名や名称)があると

より個性がでる」

仔猫の激しい動きが詠まれた歌では

「作者の可愛いという気持ちが

ストレートな表現ではないのによく伝わってくるのが

面白い」と先生。

 

また、「上句と下句に一見関係のない内容を

もってくる」ことも

歌に広がりがでるそうです。

短歌の面白さのひとつであると

教わりました。

 

「解って面白い」という歌もあれば

「解らないけど面白い」という歌もあるそう。

慣れもあるとのことで、

歌集を読んでみるのも良いと話されていました。

 

DSC_0454.JPG

講座を終えたみなさん。

お人柄や普段のお姿をも

そっと感じることでき、

歌を通じて

場に一体感が生まれたように思いました。

短歌の奥深さに

少し触れた気持ちになった

第二回でした(*´▽`*)

 

次回は9/21(土)を予定しております。

受講生の方は気をつけてお越しください。

Bakky

 

 

 
 
 

短歌入門講座 第1回

2019年9月4日 14時14分
ラベル : 講座

8月31日(土)

短歌入門講座の第一回が開催されました。

講師は宮城県気仙沼市出身、
高校(国語科)の教員でもある
歌人の梶原さい子先生です。

 

短歌は難しく考えなくていいんですよ

と、先生。

鑑賞や実作をとおして、

基礎から学ぶ全3回の講座です。

 

DSC_0462.JPG

12名の方にご参加いただきました。

第一回は、早速、実作に挑戦しました。

どんな練習をしたのか

具体的に二つご紹介・・・(^^)

 

①一つの言葉を短歌に仕立てる(膨らませる)

例:公園→ブランコ→揺れる→子供

→誰もいない→寂しい→冬→寒い

 

連想ゲームのように言葉を書き出し、

これを短歌に活かしていきます。

DSC_0459.JPG

②提示された上句(575)に

下句(77)を付けていく(付句)

下句を自分で考えて、短歌に仕上げていきます。

 

また、どんな付句をするかという話題で

自分の感情表現から一旦離れて、

風景の描写に気持ちを託してみることを

アドバイスいただきました。

外の力を取り入れ

心を表現するそうです。

 

読んだ人が風景の描写に

自分の感情を重ね合わせて、

味わっていただけるように・・・

 

DSC_0501.JPG

「もしここにタイムマシンがあったなら」

「どうしても素直になれぬわれがいる」

出題される上句も面白い・・・!(^^)!

説明の後に、実作という流れで講座はすすんでいきます。

 

先生のお話を聞いていると

言葉が自然と形になり、

段々と短歌作りに引き込まれていきます。

みなさんの素晴らしい出来栄えに

先生も驚いておられました。

 

最後は「本」で題詠に挑戦しました!(^^♪

出来上がった歌は

それぞれ違う味わいがあり、

発表し合いながら

言葉の広がりを楽みました。

 

DSC_0469.JPG

終始明るく和やかな雰囲気でした(*^-^*)

先生からのアドバイスも♪♪
 

 

次回の講座は9/7(土)を予定しています。

受講生のみなさま、気をつけてお越しください。

 

 

bakky

 

 

 

 

 

 

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ