詩歌の森日記

俳句実作講座 第1回

2021年6月3日 15時02分
ラベル : 講座

 

DSC_0129.JPG

5/27(木)、5/28(金)

俳句実作講座 第1回目が開催されました。

講師は、高野ムツオ館長です。

 

はじめに、第1回目の題となっている

「植田」と「郭公」の季語を取り入れている

有名な俳人の作品を鑑賞していきます。

DSC_0138.JPG

館長は鑑賞を進める中、「植田」「田植え」のように

似ている季語の区別について、

「郭公」と「閑古鳥」の印象の違いについて

お話をしてくださいました。

 

館長が現在のお住まいを決めるきっかけの一つに、

郭公が深く関わっているそうです(^^)

プライベートなお話から、俳句の基本まで

様々なお話もしてくださいました。

 

次に受講生の皆さんの添削指導です。

作品を見ながら、更に良くなるにはどうしたらよいのか

丁寧に指導をされる館長。

DSC_0137.JPG

皆さん熱心に受講されていました。

DSC_0128.JPG

 

館長は、「誰でも分かるように材料を配慮する事が大事ですが、

行き過ぎるのも好ましくない、その微妙な兼ね合いが難しいですね」

などの俳句の難しさについても教えてくださいました。

DSC_0133.JPG

最後には、水沢高校の生徒さんと直接

お話をされる場面もみられました。

DSC_0143.JPG

次回は6/24(木)、6/25(金)です。

お気をつけてお越しください(^^)

so/i

 

万葉集と大伴家持

2021年6月3日 14時30分
ラベル : 講座

古典文学講座万葉集

5月26日(水)に始まった古典文学講座

講師は岩手県立大学名誉教授の佐々木民夫先生です。

 

DSC_0125.JPG

 

今回のテーマは「万葉集と大伴家持」

万葉集の編纂に大きな役割を果たした家持の

生涯と万葉歌の世界を学びます。

第1回「家持と『万葉集』」

第2回「相聞と挽歌」

第3回「家持と越中」

第4回「越中時代詠」

第5回「移り行く時」

第6回「あづま・みちのく」

 

DSC_0143.JPG

 

第2回(6/2)では

亡妾挽歌(ぼうしょうばんか)や

家持と坂上大嬢との相聞歌を紹介していただきました。

妾(しょう)は正妻に次ぐ妻を意味するそうです。

妻を亡くし二ヶ月あまりで

恋の歌のやり取りをしていた家持。

時系列を聞き歌の背景を知ると

深みが増します。

 

DSC_0131.JPG

 

最後には参加者からの質問も。

 

DSC_0133.JPG

 

 

最終回は「あづま・みちのく」とありますが

東北地方と家持にはどんな関係があるのでしょうか

お話しを聴くのが楽しみです。

 

 

sat

俳句実作講座 第3回

2021年3月25日 11時38分
ラベル : 講座

 

DSC_0078.JPG

3/18(木)、3/19(金)、3班 4班 

俳句実作講座 第3回目が開催されました。

いよいよ最終日です。

 

第3回目の題となっている「薄氷」の季語について

お話をされる館長。

DSC_0080.JPG

俳句での「薄氷」とは、春の氷のことで、

多くは動くものというイメージで作られている

そうです。(冬の氷とは別)

 

次に、「薄氷」「風光る」の季語を取り入れている

有名な俳人の作品を鑑賞していきます。

DSC_0081.JPG

館長は、作者の句から感じられる思い、選んだ言葉について、

また、生い立ちから様々な俳号についても

お話をしてくださいました。

 

添削指導も順調に進み、

後半は館長に直接質問をされる場面も…

DSC_0084.JPG

 

講座が終了した後は、

水沢高校の皆さんと、色々なお話もされていました。

DSC_0085.JPG

館長、参加してくださった受講生の皆さん、

本当にありがとうございました。

次回も沢山のご参加お待ちしております(^^ゞ

so/i

 

 

俳句実作講座 第2回

2021年2月24日 11時00分
ラベル : 講座

2/18(木)、2/19(金)

俳句実作講座 3班、4班、第2回目が行われました。

先日の地震や、大雪の影響により大変な中でしたが、

沢山の方々が参加してくださいました。

DSC_0080.JPG

外は晴れていて景色が良い中、受講生のみなさんと

雑談を交えながら講座が始まります。

 

はじめは、第2回目の題となっている

「寒雀」と「水仙」の季語について

解説をしてくださいました。

DSC_0078.JPG

館長は、いくつか有名な俳人の俳句鑑賞を進める中、

寒雀の生態や、数が減っている理由、

水仙と深く関りがあるギリシャ神話とナルキッソスについてなど、

沢山の貴重なお話をしてくださいました。

 

次は受講者の添削指導です。

DSC_0081.jpg

更に良くなるにはどうしたらよいのか丁寧に指導される館長。

館長は、「俳句は一瞬をとらえること、

様々な場面から一つを切り取って一句をつくることが

大事なことですね。」と仰っていました。

 

DSC_0088.JPG

後半は受講者の方々からの質問にも答えてくださいました。

 

次回は3/18(木)、3/19(金)最終日です。

お気をつけてお越しください(^^)

 so/i

俳句実作講座 第1回

2021年1月26日 10時54分
ラベル : 講座

DSC_0095.JPG

1/14(木)、1/15(金)

俳句実作講座 3班、4班、第1回目が行われました。

 

第1回目の題は

「餅花(または繭玉)」もしくは「雪催」で一句。

自由題で一句です。

 

有名な俳人の中から、餅花や、雪催を題材にしている

俳句をいくつか鑑賞します。

DSC_0097.JPG

館長は、他にも羽子板の意味や、なまはげの名称など

さまざまなお正月の行事について

貴重なお話もしてくださいました。

DSC_0105.JPG

ひとりひとり丁寧な添削指導をされる館長…

受講生の皆さんも、ご自身の句と向き合い、

楽しみながら受講されていました。

DSC_0093.JPG

後半は、季語について沢山の質問がありました。

 

館長は、俳句での季語は歳時記にのっているもの。

意味が限定されるので、季語の意味を大事にしたほうがよいですね。

色々考え工夫し、悩み、楽しみながら

作ってくださいと仰っていました。

DSC_0104.JPG

他にも、受講生の皆さんが句を作りながら

疑問に思っていることについても直接お話をされていて、

とても内容の深い第1回目となりました。

 

次回は、2/18(木)、2/19(金)です。

お気をつけてお越しください(^^ゞ

so/i

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ