詩歌の森日記

『東北おんば訳』お茶っこ会

2018年2月3日 14時26分
ラベル : イベント その他

好評を博している『東北おんば訳』。

おんば訳に参加した方々を交えての懇話会が開かれ、

私も行ってきました!

DSCN1070.JPG

顔なじみの方々が集まりました❤

 

最初に新井高子さんから、

「こんなに新聞や書評誌に取り上げられましたーー\(^o^)/」 と

たくさんの記事をご紹介。

お茶っこタイムを挟んで、

後半はそれぞれが気に入った一首を取りあげ、朗読。

青春時代の思い出を啄木の歌に重ねる方や、

初めて覚えた啄木の歌を取りあげる方。

「先生のおかげで、自分たちも使わなくなってきた方言を

こうやって文字にしてもらった。残してもらってうれしい。」

と仰るおんばも。

 

DSCN1079.JPG

DSCN1081.JPG

持ち寄りのお菓子やお漬物でお茶っこタイム

 

DSCN1084.JPG

啄木の歌に自らのエピソードを重ねて・・

 

 

そしてそして、新井さんから、増刷決定のうれしいお知らせが!!

最後は即席のサイン会となりました❀

DSCN1088.JPG

T2

 

俳句実作講座 ①

2018年1月21日 15時39分
ラベル : 講座

1月18.19日

俳句実作講座が行われました。

新たな視点と技巧で、さらに句作を1UP!

講師は高野ムツオ先生です。

DSC_0004.JPG

受講者の方には事前に作品を二句提出いただきます。

今回のお題は

『葱』もしくは『冬の星』で一句、

自由題で一句でした。

DSC_0001.JPG

はじめに現在活躍中の俳人の作品をいくつか鑑賞します。

時折、先生のプライベートなお話も聞くことができ、笑いもあり、

温まってきたところで

いよいよみなさんの作品の添削指導に入ります!

自分の作品にはどんなチェックが入るのかドキドキしながら

みなさんの添削を聞きながら順番を待ちます。

DSC_0007.JPG

次回は2月15(木)、16(金)の開催です。

作品の提出もお忘れなく!

 

                                                                a-a

イベント「詩のことば、声のちから」開催!

2017年12月24日 13時06分
ラベル : イベント 展示

昨日12月23日、

3名の詩人をお招きし、

「詩歌と音のプリズム」展の関連イベント

「詩のことば、声のちから」を

開催しました。

DSC_0826.JPG

 

開始時刻になると、会場となった展示室は満員に!

たくさんのお客さまに来場いただきました。

 

DSC_0858.JPG

 

第1部は

ジェフリー・アングルス氏による講演。

 

DSC_0847.JPG

 

日本語での詩の朗読をまじえながら、

詩を書きはじめたきっかけや、詩の英訳についてなど、

穏やかに、またユーモアたっぷりに、語ってくださいました。

 

DSC_0894_明るさ調整.jpg

 

第2部は

新井高子氏(写真左)を司会に、

金野孝子氏(写真中央)、ジェフリー氏の朗読とトークを行いました。

 

DSC_0926.JPG

 

新井氏によって『東北おんば訳 石川啄木のうた』にまとめられた

大船渡での“翻訳”プロジェクトの話題からトークがスタート。

金野氏による情感豊かな「おんば訳」の朗読に、

会場のお客さまも、時にしみじみと、時にくすっと笑いながら、

耳を傾けていました。

 

DSC_0936.JPG

 

後半では、

大船渡の土地言葉で書かれた金野氏の詩を

ジェフリー氏が英訳し、朗読。

 

DSC_0962.JPG

 

短い時間ではありましたが、

英語、日本語、そして「ケセン語」を行き来しながら、

まさに、詩のことばと声が持つちからを

体感するイベントとなりました。

 

3名の詩人のみなさま、

ご来場いただいたみなさま、

ありがとうございました!

 

H.H

万葉の熱い恋②

2017年12月23日 10時31分
ラベル : 講座

12月20日(水)万葉講座最終回

 

今回は大伴家持と笠女郎(かさのいらつめ)、

坂上大嬢(さかのうへのおほいらつめ)の恋模様。

家持は多くの女性と歌を取り交わしていたそうですが、

家持との恋に破れた人、実った人

歌の背景を知ることにより、見方が違ってきます。

DSCN1761.JPG

何百年も前の歌が残っていることもすごいですが、

そこから当時の人々の恋や日常、様々なことを

知ることができるってすごいですね!

DSCN1758.JPG

興味深いお話で全6回「あっ」と言う間でした。

 

 

 

♪ 最後に読み方の答えです ♪

過ぎて 来るらし 朝日指す 春日の山に 霞たなびく

 

ふゆ

はる

皆さん合ってましたか?

sat

 

 

万葉の熱い恋

2017年12月16日 10時45分
ラベル :

11月から始まった全6回の万葉集講座。

前半の「季節」をテーマとした講義が終わり、

後半の4回目からいよいよテーマが「恋」に♥

 

講師が、

作者や恋のお相手、複雑な人間関係、

また当時の「位」など、

その歌を取り巻く背景を解説。

 

DSCN1692.JPG

DSCN1723.JPG

 

そのストーリーを想像しながら読むと、

ひとつひとつの歌が何倍にも厚みを増してきます。

 

今年度の講座も残り1回となりました。

最終回はどんな熱い恋が見られるでしょう。。。

 

T2

 

 

 

 

 

 

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ