詩歌の森日記

俳句でGO!!

2018年2月27日 11時46分
ラベル : イベント その他

DSC_0029.JPG

 

文学館にふじポンがっっ!!

岩手では知らない人がいないふじポン!

なぜふじポンがいるのかというと・・

 

 

北上ケーブルテレビとの共同企画、

「俳句でGO!」の司会をしていただいたのです\(^o^)/

DSCN1808.JPG

北上ケーブルテレビさん。大量の機材を持ち込んで収録していただきました!

 

初めての企画で、じわっと緊張感が漂うなか、

みんなふじポンの元気に引っ張られ

収録は大成功☆☆

DSC_0030.JPG

細やかに俳句のお話しをする高野ムツオ先生と、横で熱心に話しを聞く高校生。

 

放映は3月26日から。

北上の方限定ですが、お楽しみにー❤

DSCN1810.JPG

DSC_0069.JPG

ふじポンのブログもチェック⇒ http://blog.fujipon.info/?eid=1439859

 

T2

俳句実作講座 ②

2018年2月17日 15時30分
ラベル : 講座

2月16・17日 俳句実作講座の第2回を行いました。

 

道路には多くの雪、外はときおり吹雪いたり。。。

そんな中でもほぼ全員の方にご出席いただき

ありがとうございます!

 

DSCN1803.JPG

 

今回のお題の一つが『凍蝶』 

先生が

蝶の生態に関する事、

作品の中に出てくる植物・行事など、

参考までにと貴重なお話を沢山してくださいました。

 

次回のお題は『余寒』・『椿』

全3回の講座もとうとう最終回となります。

3月15・16日

みなさまお気をつけておこしください。

                                                                         a-a

『東北おんば訳』お茶っこ会

2018年2月3日 14時26分
ラベル : イベント その他

好評を博している『東北おんば訳』。

おんば訳に参加した方々を交えての懇話会が開かれ、

私も行ってきました!

DSCN1070.JPG

顔なじみの方々が集まりました❤

 

最初に新井高子さんから、

「こんなに新聞や書評誌に取り上げられましたーー\(^o^)/」 と

たくさんの記事をご紹介。

お茶っこタイムを挟んで、

後半はそれぞれが気に入った一首を取りあげ、朗読。

青春時代の思い出を啄木の歌に重ねる方や、

初めて覚えた啄木の歌を取りあげる方。

「先生のおかげで、自分たちも使わなくなってきた方言を

こうやって文字にしてもらった。残してもらってうれしい。」

と仰るおんばも。

 

DSCN1079.JPG

DSCN1081.JPG

持ち寄りのお菓子やお漬物でお茶っこタイム

 

DSCN1084.JPG

啄木の歌に自らのエピソードを重ねて・・

 

 

そしてそして、新井さんから、増刷決定のうれしいお知らせが!!

最後は即席のサイン会となりました❀

DSCN1088.JPG

T2

 

俳句実作講座 ①

2018年1月21日 15時39分
ラベル : 講座

1月18.19日

俳句実作講座が行われました。

新たな視点と技巧で、さらに句作を1UP!

講師は高野ムツオ先生です。

DSC_0004.JPG

受講者の方には事前に作品を二句提出いただきます。

今回のお題は

『葱』もしくは『冬の星』で一句、

自由題で一句でした。

DSC_0001.JPG

はじめに現在活躍中の俳人の作品をいくつか鑑賞します。

時折、先生のプライベートなお話も聞くことができ、笑いもあり、

温まってきたところで

いよいよみなさんの作品の添削指導に入ります!

自分の作品にはどんなチェックが入るのかドキドキしながら

みなさんの添削を聞きながら順番を待ちます。

DSC_0007.JPG

次回は2月15(木)、16(金)の開催です。

作品の提出もお忘れなく!

 

                                                                a-a

イベント「詩のことば、声のちから」開催!

2017年12月24日 13時06分
ラベル : イベント 展示

昨日12月23日、

3名の詩人をお招きし、

「詩歌と音のプリズム」展の関連イベント

「詩のことば、声のちから」を

開催しました。

DSC_0826.JPG

 

開始時刻になると、会場となった展示室は満員に!

たくさんのお客さまに来場いただきました。

 

DSC_0858.JPG

 

第1部は

ジェフリー・アングルス氏による講演。

 

DSC_0847.JPG

 

日本語での詩の朗読をまじえながら、

詩を書きはじめたきっかけや、詩の英訳についてなど、

穏やかに、またユーモアたっぷりに、語ってくださいました。

 

DSC_0894_明るさ調整.jpg

 

第2部は

新井高子氏(写真左)を司会に、

金野孝子氏(写真中央)、ジェフリー氏の朗読とトークを行いました。

 

DSC_0926.JPG

 

新井氏によって『東北おんば訳 石川啄木のうた』にまとめられた

大船渡での“翻訳”プロジェクトの話題からトークがスタート。

金野氏による情感豊かな「おんば訳」の朗読に、

会場のお客さまも、時にしみじみと、時にくすっと笑いながら、

耳を傾けていました。

 

DSC_0936.JPG

 

後半では、

大船渡の土地言葉で書かれた金野氏の詩を

ジェフリー氏が英訳し、朗読。

 

DSC_0962.JPG

 

短い時間ではありましたが、

英語、日本語、そして「ケセン語」を行き来しながら、

まさに、詩のことばと声が持つちからを

体感するイベントとなりました。

 

3名の詩人のみなさま、

ご来場いただいたみなさま、

ありがとうございました!

 

H.H

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ