詩歌の森日記

はじまりの4月

2019年4月9日 14時52分
ラベル :

ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました(^_^;)

 

新しいことがはじまる4月です。

文学館には、新たに1名非常勤職員が加わりました。

関西方面から引越ししてきて数ヶ月とのこと。

いろいろなことが新鮮なようで、

温泉やら桜やら、毎日情報収集にいそしんでいます✍✍

今日は本のカバーをつくる作業。

DSC_0239.JPG

この作業、地味ですが、はまると楽しいのです☆

 

そして、館内の喫茶コーナー「フォルダーカフェ」も、

明日リニューアルOPEN!!

DSC_0240.JPG

DSC_0241.JPG

 

DSC_0244.JPGDSC_0245.JPG

〈映える〉メニューもありそう

水、木、金 を中心に営業します♪

こちらもチェック ⇒ フォルダーカフェ Facebook 

 

 

そしてそして、北上のさくらまつりは15日開幕 ❀ ❀ ❀

公園では梅の花が咲き始めましたー

DSC_0247.JPG

 

 

一気に春に向かいます\(^o^)/

 

T2

 

 

クリスマス

2018年12月14日 14時00分
ラベル :

12月、フォルダカフェもクリスマスの装いです

 

DSC_0174.JPG

DSC_0170.JPG

 

雪が降って、ますますクリスマス度アップ↗↗

 

 

ドイツの代表的なクリスマス菓子、シュトレンも

DSC_0176.JPG

 

 

カフェの年内の営業は23日(土)まで。

年明けは5日(土)からです。

 

DSC_0169.JPG

 

T2

 

 

 

第15回 俳句まつり

2018年11月30日 13時57分
ラベル : イベント

11月17日(土)

「第15回 俳句まつり」の表彰式が行われました。

DSC_0208.JPG

選者は小林輝子(こばやし てるこ)先生です。

 

小学校 低中学年の部、高学年の部、

中学校の部、高校の部の各部門から、

特選、優秀、秀逸、佳作が選ばれます。

 

今年は市内、市外含め38校から

5,526句もの作品が寄せられ、127句が入選しました☆

 

DSC_0193.JPG

DSC_0222.JPG

みなさん、緊張しながらも笑顔でとても素敵です☆

 

〈特選〉の作品を紹介します。

 小学校低中学年の部  かがみもち二だんがさねのふたごさん

小学校高学年の部  教室をつきぬけていくおにやんま

 中学校の部  澄んだ空離れて暮らす父想う

 高校の部  封を切る手紙背後から月光

 

受賞されたみなさん、本当におめでとうございます☆(*''▽'')

 

表彰式のあとは「俳句であそぼ」が行われました。

 

「俳句クイズ」~俳句と季語の基本を知ろう~

先生と一緒に、2択問題☆

DSC_0170.JPG

①番と②番 どっちが正解?   こっちかな?(´-`*)

 

次に、巨大パズルや俳句かるたなど好きな遊びをします。

DSCN3414.JPG

ディズニーかるたは毎年人気☆

 

その後、詩歌の森公園や雑草園で季語さがし♪

DSCN3382.JPG

いい季語みつけるぞ~♪

 

DSCN3404.JPG

ひとりひとり作品をつくってもらい。。。

DSC_0230.JPG

素敵な俳句ができあがりました☆

DSC_0169.JPG

 

最後は、今年新しく文学館で作成した俳句トランプで

神経衰弱です☆(;''∀'')

DSC_0229.JPG

「うわ~ また同じのめくっちゃった~(笑)」 

大盛況でした☆((´∀`*))

 

今年もたくさんの応募と、参加いただきありがとうございました☆

来年も是非、参加お待ちしております(*''▽'')

 

so/i

短歌実作講座 ③

2018年11月22日 13時24分
ラベル : 講座

11月15.16日 

短歌実作講座の第3回目をおこないました。

DSCN3328.JPG

現代短歌では

睦月都さんをとりあげ

若手ならではの歌を鑑賞しました。

DSCN3332.JPG

添削にうつり

受講者の方のユーモラスな歌でどっと笑いwww

が起こる場面も。

DSCN3318.JPG

DSCN3317.JPG

講座修了後には

短歌実作講座が始まり今年で20回目ということで

受講者の方から篠館長へのプレゼントが贈呈されました📦

DSCN3321.JPG

そして、

受講者のみなさんから

館長へのエールが贈られました👏🎉

DSCN3323.JPG

最後に篠館長は

身体で感じたことを率直にうたう

発見に富んだオリジナルなモチーフが目をひく

と話されていました。

受講者のみなさまお疲れ様でした。

来年度もお申込みをお待ちしています

 

@a

万葉集

2018年11月17日 16時45分
ラベル : 講座

 

 

古典文学講座が11月7日から始まりました。

12月12日までの毎週水曜日、全6回開催。

講師は岩手県立大学名誉教授の佐々木民夫先生です。

 

 

DSC_0155.JPG

 

 

 

今年のテーマは、老いと「世間(よのなか)」―旅人と憶良―

万葉集の中から大伴旅人と山上憶良の作品を中心に学んでいきます。

 

老いと言えば中高年を思い浮かべてしまいますが

万葉集の時代の寿命は短く30歳程度(らしい)

結婚は男15、女13、そんな時代の老いとは?

 

先生の解説を聞き、時代背景や人間関係が分かると

歌の捉え方も変わります。

 

 

 

DSC_0162.JPG

熱心にメモを取る受講生の方々

 

 

 

ちなみに・・・

旅人と憶良の関係、皆さんご存知でしたか?

現在でいうところの官僚

旅人→上司、憶良→部下

な、そうです。

 

 

どちらも当時の寿命からすると長命で

ほとんどが60代からの歌。

 

 

現在2回目が終わりましたが

毎回新たな発見があります🌠

 

 

 

sat

 

 

 

 

 

 

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ