まつりと詩歌

トップ展示展示内容まつりと詩歌

ウェブ展示室 にて出品作品をご覧いただけます。

2022poster.jpg
会期
2022年3月18日(金)~2023年3月12日(日)
9:00~17:00
場所
2階 展示室
入場料
無料
主催
日本現代詩歌文学館
図録
1,000円(図録の購入は こちら

展示テーマ

 太鼓や笛、鉦の響く音、華やかな衣装、多くの人で賑わう往来―まつりが生み出す非日常は、なぜわたしたちの心をこんなにも高揚させるのでしょうか。古来まつりは、神仏や祖霊を敬い、祈りと感謝を捧げる儀式として継承されてきました。ときが移り変わるにつれ、人々が集い、交流し、活力を高める娯楽的な行事としても、さらにさまざまな思いが込められ、わたしたちの日常に深く結びついています。
 まつりと密接に関わった〈うた〉もまた、時代を、そして人と人をつなぐものと言えるでしょう。詩歌は、一瞬を永遠にとどめ、空間を即座に切り取り、そのときにはともに味わえないものにも、共有できるかたちを与えます。そして、老若男女を問わず、誰もがその担い手になれるという点でも、現代のまつりのありようと重なってきます。
 「集うこと」が制限されるというかつてない事態に、脈々と続いてきたまつりの多くが、立ち止まらざるを得なくなりました。いま、現代の詩歌人たちは、どのようなまつりの情景を描き出すのでしょうか。詩歌のことばをとおして、せめてその賑わいのなかを歩き、多様なまつりの場を共有したいと思います。鎮魂と一日も早くこの疫病が終息することへの願いも込め、「まつりと詩歌」展を開催します。

展示内容

・現在活躍中の詩歌人による直筆作品54点
・出品者による作品朗読音声
・物故作家作品のパネル展示
・インスタレーション

出品者(各分野五十音順、敬称略)

宇宿 一成 金堀 則夫 工藤 正廣
兒玉 智江 杉本 真維子 徳沢 愛子
なんば・みちこ 北條 裕子 見上 司
水沢なお 水橋 斉 森本 孝徳
四元 康祐
短歌 井谷 まさみち 井上 法子 魚村 晋太郎
近江 瞬 岡本 勝 神原 猛
紀野 恵 楠田 立身 島田 修三
俵 万智 中沢 直人 馬場 あき子
真中 朋久 屋部 公子
俳句 飯野 幸雄 生駒 大祐 大畑 善昭
奥田 好子 柿本 多映 春日 石疼
河村 正浩 後藤 岑生 鈴木 伸一
高室 有子 津髙 里永子 中坪 達哉
西村 麒麟 宮坂 静生 森本 添水
川柳 岡崎 守 小笠原 望 荻原 鹿声
小代 千代子 榊 陽子 佐藤 美文
新家 完司 月波 与生 なかはら れいこ
西出 楓楽 広瀬 ちえみ 柳本々々

協力者(五十音順、敬称略)

一般社団法人 北上観光コンベンション協会 江戸東京博物館
株式会社芳賀ライブラリー 行山流口内鹿踊
工藤嘉信 公益社団法人 日本文藝家協会
国立国会図書館 さかい利晶の杜
雫石隆子 樋口由紀子
矢沢和女 読売新聞社

 

カテゴリー

このページの
先頭へ