詩歌の森日記

万葉集と大伴家持

古典文学講座万葉集

5月26日(水)に始まった古典文学講座

講師は岩手県立大学名誉教授の佐々木民夫先生です。

 

DSC_0125.JPG

 

今回のテーマは「万葉集と大伴家持」

万葉集の編纂に大きな役割を果たした家持の

生涯と万葉歌の世界を学びます。

第1回「家持と『万葉集』」

第2回「相聞と挽歌」

第3回「家持と越中」

第4回「越中時代詠」

第5回「移り行く時」

第6回「あづま・みちのく」

 

DSC_0143.JPG

 

第2回(6/2)では

亡妾挽歌(ぼうしょうばんか)や

家持と坂上大嬢との相聞歌を紹介していただきました。

妾(しょう)は正妻に次ぐ妻を意味するそうです。

妻を亡くし二ヶ月あまりで

恋の歌のやり取りをしていた家持。

時系列を聞き歌の背景を知ると

深みが増します。

 

DSC_0131.JPG

 

最後には参加者からの質問も。

 

DSC_0133.JPG

 

 

最終回は「あづま・みちのく」とありますが

東北地方と家持にはどんな関係があるのでしょうか

お話しを聴くのが楽しみです。

 

 

sat

カテゴリー

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ