詩歌の森日記

「水原秋櫻子展―現代俳句の出発」オープン!

 

昨日3月24日(土)、

特別企画展「水原秋櫻子展―現代俳句の出発」が開会となりました。

 

DSCN1924.JPG

DSC_0019_明るさ調整.jpg

 

13時から行われたオープニングセレモニーには、

水原康子氏(秋櫻子ご子息 故・春郎氏夫人)

德田千鶴子氏(秋櫻子孫)をはじめ、

当展企画委員の根岸善雄氏、記念講演講師の有馬朗人氏、

当館館長の篠弘、北上市長、教育長にご出席をいただきました。

 

DSC_0021.JPG

左から館長、水原氏、有馬氏、德田氏、根岸氏

DSC_0033.JPG

 

主催者、来賓からそれぞれご挨拶をいただき、

いよいよテープカット。

 

DSC_0042-2_明るさ調整.jpg

 

開会後の展示室では、

秋櫻子が主宰した俳誌『馬醉木』の会員のみなさまをはじめ、

たくさんのお客さまが熱心に展示をご覧になっていました。

 

DSC_0053_明るさ調整.jpg

DSC_0050_明るさ修正.jpg

 

その後

14時からは有馬朗人氏による記念講演

「四Sの頃を中心に―水原秋櫻子と山口青邨の友情」が行われました。

 

DSC_0064_トリミング.jpg

 

秋櫻子と同年生まれで、交流の深かった山口青邨。

その青邨に師事した有馬氏は、

秋櫻子について語る青邨の姿を振り返りながら、

ユーモアも交えてお話しくださいました。

 

「水原秋櫻子展」は6月10日(日)までの開催となります。

入場料は300円、学生は無料です。

※会期中は明日3月26日(月)のみ休館※

 

色紙・短冊、句帖などの自筆資料をはじめ、

書簡や写真、愛蔵の絵画など、

貴重な資料の数々を

ぜひこの機会にご覧ください!

 

H.H

カテゴリー

Blog Archive

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ