詩歌の森日記

俳句入門講座

 

DSC_0120 編集済み.jpg

7/19(火)、7/26(火)、8/2(火)、8/11(木)に

俳句入門講座が開催されました。

講師は、『樹氷』主宰で岩手県俳人協会会長、

NHK文化センターの講師などもされている

白濱一羊先生です。

 

弟1回は、「俳句とは何か」というところから、

「取り合わせ」についてなど

句作の基本となる部分を初心者でもわかるように

丁寧に教えてくださいました。

DSC_0123.JPG

「言葉の数の多さではなく、

共感するのに十分な情報量を入れて作ること」も

大事なポイントとして教えてくださいました。

 

◇◇◇◇◇

第2回は、受講生の皆さんが事前に作った句で互選をしました。

それぞれ自分の好きな句を選び、順番に発表していきます。

DSC_0121 編集済み.jpg

もっとも点を集めた句をご紹介します。

・風青し真正面に岩手山

 

先生は、切れの作り方や働きについても

分かりやすく説明してくださいました。

 

DSC_0124.JPG

清記用紙に書き写す受講生の皆さん( ..)φ

DSC_0131.JPG

積極的に質問をする場面も…

 

◇◇◇◇◇

弟3回は、先生から出された俳句の型にそって、

事前に作った句で互選をしました。

DSC_0126.JPG

DSC_0123.JPG

俳句の型の具体的な説明や、季語の注意点なども

分かりやすく教えてくださいました。

 

◇◇◇◇◇

弟4回は、吟行と句会体験をします。

今日、見たもの感じたこと、気候をふまえて作ります。

DSC_0126.JPG

雑草園や詩歌の森公園に行き、俳句の題材を探します。

 

DSC_0123.JPG

ピンク色の花が綺麗に咲いていました(*^^*)

こちらは百日紅(さるすべり)という花木だそうです。

 

DSC_0127.JPG

その後、前回の作品について丁寧に講評、添削をしてくださいました。

(語順や文法について)

 

句会→講評

 

俳句は読む人の解釈、共感してもらえるか、

ごくわずかな境目を探すのが重要

他にも、自分で考えた言葉や、辞書に無い読みを無理に使わない方が良い 

などなど、分かりやすく教えてくださいました。

DSC_0128.JPG

最後は、講座で作った句を短冊へ揮毫しました。

 

DSC_0124 編集済.jpg

どれも素敵な作品です(*‘∀‘)

 

作品は8月19日(金)から展示予定です。

是非ご覧下さい。

 

白濱先生、受講生の皆さん、

本当にありがとうございました(*^-^*)

来年もご参加お待ちしております。

so/i

カテゴリー

プロフィール

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館の公式ブログです。学芸係が、当館の日常や詩歌の森公園の四季を紹介します。

> 日本現代詩歌文学館HPへ

このページの
先頭へ