金子兜太『両神』(1995年12月/立風書房)

著者 金子兜太
タイトル 両神
出版年月/出版社 1995年12月/立風書房 受賞回[年] 11回[1996年]
分野 俳句 分類 作品

[略歴]
  一九一九年九月二三日、埼玉県生れ。東大卒。七四年日本銀行定年退職。現代俳句協会会長。「海程」主宰。八八年紫綬褒章受章。句集『少年』『皆之』。

[受賞のことば]
  句集『両神』は、七十歳を跨いでの九年間のものをまとめたのだが、その間、いつになく繁忙だったこともあって、連句の独吟さながらに、内面の付け味を追って、次次に産むような気持でつくっていた。したがって、一句の仕上りというよりは、その時期の私らしい有り態が滲み出ていれば十分、という心意でいた。いま、それをおもしろしとしてくれる人がいたのだ、と自分勝手に決めて、喜び且つ感謝している。

 
[作品抄出]

赤馬と道化師がいて夏は来ぬ

満月去り朝が無言で覗いていた

梅雨の家老女を赤松が照らす

飴のような曲馬の少女夏の初め

少年二人と榠樝かりん六個は偶然なり

楊州は驢馬多き街僧ら瘦せて

卯の花に曽良が剃りたてつむりかな

裸か子に若布わかめはりつく外の浜

夏野なり夕方は月が出るだけ ときに耕馬を空に映して大地あり

トレド寒し小麦畑を白馬走り

白木蓮の北京むらさきの上海

麦秋を水牛と人顔寄せて

泉守る蛇いて東一華あづまいちげ咲く

飯食えば蛇来て穴に入りにけり

雪の弥彦山やひこ芭蕉越え来し峠も雪

鸛鶴こうづる来て夏なり塩の湖遠白とおじろ

雛罌粟に老羊飼仁王立ち

月明の尾根越えて来し寝酒かな

両神山の肩打つ時雨お降りなり

両神山は補陀落初日沈むところ

語り継ぐ白狼のことわれら老いて

青春が晩年の子規芥子坊主

森の村闘鶏場にしんと人

森の村昼寝のまわり家鴨と米

凧売りの凧の黄色の渚かな

大石田斑雪はだら葉山に言霊最上川もがみ

夏を溢れて鳥の羽根乗せ最上川

秋爽の聖アツシジの街に鋭声とごえ

夏の牛ときに秩父の尾根をゆきし