2016年度日本現代詩歌文学館常設展
スポーツと詩歌 2016
 
そら
会 期
2016年6月7日(火)〜'17年3月12日(日)9:00−17:00
*休館日12月〜3月の月曜日・年末年始
場 所
2階 展示室
入場料
無 料
主 催
日本現代詩歌文学館
展示テーマ
 スポーツは現代人にとって最も身近な娯楽の一つである。多彩な競技やプログラムによって、性別・世代を問わず、広く参加することができ、生涯学習の一分野としても盛んに進められている。また参加するのみでなく、時にはテレビの前で、あるいは会場に足を運ぶことで、多くの人と感情を共有することができる。こうして人と人とを結びつけるスポーツは、いま求められている人間の「生身」の関わりの場をもそこに創出するものである。
 折から2016年は、71回国民体育大会(2016希望郷いわて国体)が岩手県で開催される。当北上市は開会式の会場となり、また様々な種目が行われる予定となっている。全国的にも2020年に控えた東京オリンピックが期待され、スポーツへの関心は今後ますます高まっていくだろう。当館では1999年に行われた岩手インターハイの際に常設展「スポーツと詩歌」を開催しており、本展はその第二弾となる。
 詩歌によって切り取られ、あるいは再構成される様々な場面は、一時の感興に終始しない、スポーツの新たな面を浮かび上がらせるのではないだろうか。
展示内容
@「 スポーツ 」 をテーマにした詩歌作品 ( 作者の自筆出品 )
Aオブジェ「踊る!!あいうえお」
B来場者参加インスタレーション「ことばの聖火台」
C展示出品者の朗読映像




出品者(敬称略・分野別五十音順)
 

朝倉宏哉 有馬 敲 岩木誠一郎 尾花仙朔 北畑光男
清岳こう 河野俊一 鈴木 漠 武西良和 千葉吉弘
中原道夫 中村不二夫 ねじめ正一 原子 修 坂東里美
藤富保男 堀 博一 八木忠栄 山本泰生
 
短歌 櫟原 聰 大辻隆弘 柏崎驍二 川涯利雄 木立 徹
今野寿美 三枝浩樹 佐佐木幸綱 玉井清弘 中根 誠
西勝洋一 飛 敬 増渕一正 宮里勝子 村木道彦
山本 司
 
俳句 縣 恒則 石井いさお 今坂柳二 小川軽舟 桑島啓司
鷹羽狩行 照井 翠 永井江美子 中村正幸 野ざらし延男
能村研三 林 桂 松浦敬親 宮坂静生
 
川柳 赤松ますみ 天根夢草 伊東マコ 大野風柳 川上大輪
繻エ道夫 佐藤岳俊 佐藤千四 墨崎洋介 P霜石
  西恵美子 米満けい




エッセイ執筆者(図録掲載のみ・敬称略)
 
 高階杞一 短歌 小島ゆかり 俳句 堀本裕樹 川柳 田口麦彦